おならの臭いと腸内細菌との関係

おならの臭いを左右するのは腸内細菌の働きが大きく影響すると言われていますね。
特におならの悩みを持つ女性なら、ひと目が気になるなど、その強烈な臭いに悩まされることが多いことでしょう。

 

 

そもそも私たちの腸の中には、およそ500種類の腸内細菌が存在し、その数は何と100兆個にもなると言われています。
これらは消化を助ける働きをしており、その中にはビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌と、大腸菌やウエルシュ菌などの悪玉菌がいます。

 

 

これらの腸内細菌はおならの臭いにも深く関係しており、腸内環境を整えることは健康にも大きく左右しまね。
また、腸内に最も多いのが日和見菌で、食べ物や体調によって善玉にも悪玉にもなるどっちつかずの菌です。
腸内環境を良くするには善玉菌を増やすことなので、日和見菌をいかに善玉菌にしていくかということが大切になります。

 

 

そして、芋や豆類を多く食べた時には、おならの量も増えますが、これは特に心配はなく臭いもそれほどしません。
これはサツマイモやゴボウなどの食物繊維を多く含んだ食品を摂ることで、消化酵素では十分に分解できず、でんぷんのかけらが腸内細菌の栄養源となり、腸内発酵が活発になることで起こります。

 

 

また、これはビフィズス菌などの善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすので腸内環境が良くなるので問題はありません。
ですが、これとは逆に、肉などのタンパク質を多く食べた場合は、小腸で十分に消化しきれなかったタンパク質は、悪玉菌の働きで分解されて栄養源となり、これが増えればより一層腸内を腐敗させ、毒素などの有害物質を生み出し腸内環境が悪化して、不健康な臭いおならが出やすくなります。

 

 

更に、たまねぎやにんにくなどの硫黄分の多いものを食べすぎでも、アンモニアや硫化水素、インドールが発生して臭いおならの元になります。
そして、最近の女性は美容や健康に良いからとヨーグルトなどを積極的に食べて、乳酸菌などを取り入れようとしている人が多いものです。

 

 

ただ、毎日お通じがあるから腸に問題はないと思っているなら大間違いです。
と言うのも、腸内環境が悪いからといって、必ずしも自覚症状があるとは限らないからです。

 

 

例えば、腸内環境が悪い場合の症状としては、お腹が張りやすいということがあり、特に女性は無意識にお腹が張りにくい食事を選んでいる為に腸内環境の良し悪しが分かりにくくなっていることがあるのです。

 

 

腸内環境が悪い人は、肉などのタンパク質を食べるとお腹が張りやすく、おならが出やすい傾向があります。
つまり、腸の状態が悪い人は肉や魚などのタンパク質を食べると、胃がもたれるので避ける傾向があり、これが症状を分かりにくくしているのです。

 

 

このような女性がどんな食事をしているかというとパンなどの糖質中心の食事をしており、甘いものをやめらないということがあります。
朝はパンや果物だけだったり、酷い時には朝食を抜く女性もいるでしょう。

 

 

また、コンビニのおにぎりやサンドイッチを良く食べる人も腸の状態が良くないでしょう。
このような食べやすいものだけ、好きなものだけを食べるというのも危険信号で、腸の状態を確認するには、食生活を振り返ってみるのが一番分かりやすいものです。

 

 

おならに悩んでいる女性なら、尚更、腸に悪い食事をしていないかどうか、一度振り返ってみましょう。
なお、便が黒くなっているようなら、腸がら栄養素がしっかり吸収されておらず、腸の状態が悪いと言えます。

 

 

なお、おならの臭いも様々な原因がありますが、この鈴木進先生の鈴木式女性の為のおなら改善プログラムでは、その原因について分かりやすく説明してあり、あなたがどれに当てはまるのかチェックすることで、臭いの無いおならに変えることが出来ます。

 

東洋医学と臨床心理学の両面からおならを根本的に改善する治療法

おならがくさい訳とは?

 

鈴木式女性の為のおなら改善プログラムの詳細を見てみる